Hey Visitor!

小さなリビングサロンの様子

脱!! 薬物依存

薬物依存と聞けば、何の薬?と思いますでしょうね

 

世間的には大したことのない*自律神経を安定させ

睡眠を得るための*安定剤的なものです。

 

でも、本人にとってみれば

その薬を飲まないと、、眠れない

眠ることが怖いと思う薬なんです。

 

結果から話せば、2013年度 秋ごろ

成功~しました。

 

治療にかかった日にちより

薬をやめようと焦る日々の方が長かったようにも思えます。

 

もし、

私のように軽い気持ちで処方された薬を飲むことで

病気の症状はよくなったものの

薬がないと、寝れない。。

そんな方のために

もしかすると、微力だけどチカラになれるかも?と思い

ここの残すことにしました。

 

 

**********************************

私は、自律神経のバランスが取れなくなり

激しい頭痛からこの症状に気づきました。

 

詳細は*私のこと NO1に記しています。

 

処方された薬が合ったのか、

体調は徐々に良くなっていきました。

あの激痛は薬を飲んだ翌日からなくなりました。

 

最初は、自律神経の薬

ビタミンE,胃腸を整ええる薬、漢方、そして安定剤1錠。

 

でも、すぐに安定剤は2錠に増えました。

(1錠では、眠れなかったのです)

 

薬は、安定剤以外は、9時半

安定剤は10時半に飲む

 

意外にもこの薬を飲む時間は大切です。

 

最初は、言われるままの薬を飲み服用しました

(多分1年ぐらい)

 

この間、病院を変え

信頼できる先生と出会いました。

 

その先生は、私の話を聞いてくれます。

多分受診時間は、5分ほどの短い時間。

だけど、

患者の話を聞いてくれる先生ってあんまりいません。

それも内科で

神経系とは違う先生なんです。

 

治療中、かねてから気になっていたところの検査をしました。

過去にあった大腸ポリーブ

子宮筋腫

下腹部の違和感と検査でいつも引っかかる見えない血尿。

 

大腸ポリーブは、発症しておらず、前の切除したところも

キレイになっていました。

ヨーグルトを毎日1個食べる。

乳酸菌飲料を飲む。

ハーブティーで免疫効果のあるものを積極的に摂る

 

 

子宮筋腫は、確か数個あるといわれていましたが

ごく小さなサイズになり

出血の量も普通に戻り、医者からは、特に問題なしと言われた

子宮筋腫に良いとされるハーブティを摂取。

 

筋腫が小さくなった事に驚きで

もしかするとそういうタイミングだったのかもしれないけど

ハーブのチカラにも驚く。

 

血尿は、遊走腎と診断され

夕方、身体を横にして腎臓を休めるように心がけた。

利尿作用のあるハーブティーと抗菌作用のあるハーブティーを飲む

 

この結果、次の検査では、血尿も見られず。

 

そして、残るは、自律神経のバランスと睡眠障害のみ

 

*********************************

実行したこと

 

1)お風呂は、季節関係なく、首まで最低15分ほど浸かる

(高血圧、心臓疾患のある方は医師に相談してくださいね)

 

2)入浴剤を使う

アロマ、ハーブのものはもちろん、

市販のバブ(メディケアタイプがおすすめ)

身体の芯から温め、冷めるのを防げる

 

香り成分は、脳へ伝達して

交感神経と副交感神経のスイッチをいれかててくれる

 

3)ハーブティーを飲む

勉強をして、自分に合うものを飲む

 

緊張している神経や筋肉をほぐす、、リラックス重視

新陳代謝を促し、血行をよくする

 

4)夕方、身体を横にして休み

但し、夕寝や昼寝は長時間しない

 

適度な疲労感が大事

 

5)シンプルに、原因を自己分析する

どうしてこうなったのか?

 

何のストレス?

更年期?

 

冷静に自分の身体を見つめなおすと

身体の声が聞こえてくる感じ

 

6)無理に家事をこなさない

完璧主義者に多い自律神経の乱れ、、

 

時にずぼらになり手を抜く

そして、また、頑張る

 

このチカラを抜くことが大切。

 

7)好きなこと、興味にあることを

たくさんトライする

 

8)好きなもに囲まれて暮す

花をたくさん植えました。

そして、その植物の成長を見ながら、自然の強さ、

人間の本来の強さに気が付きます。

 

9)嫌の人とは、必要以上に関わらない

 

自分と合わない人といることは、何よりのストレス

 

違う分野や場所で自分に合う人と話をする

 

10)涙が出るようなドラマやDVD,音楽

見たり聞いたりして、涙を流す

 

すっきりします

 

11)これが大事です

夜のパソコンや携帯は、あまり見ない

TVも賑やかな番組は、避ける

遅くても12時までに寝る

 

12)寝るタイミング

ふあ~とあくびが出たら、寝る準備を!!

 

13)寒い冬場、、

湯たんぽが絶対におすすめです

深く質のよい睡眠につながる

 

14)キレイなもの、可愛いものに触れる

花や動物、孫たち

 

15)薬をやめる季節は、秋~冬がおすすめ

人間も動物

冬眠ってイメージすると楽になる

 

寒くなると眠たくなることを理解すると安心します

 

************************************

ここからは、薬の減らし方。。

 

あくまでも私が成功したことです。

 

*就寝する前の1時間ほど前に緊張をほぐす*安定剤が処方されていました。

最初は1錠

効かない!

2錠に増える

 

そして、ここからです

 

*1錠に減らす

この間、1年ほど

 

*安定剤の種類を変えてもらう

(同じ薬を長期間服用すると、なんとなく慣れてしまっているようで)

 

*1錠の半分

(薬局で半分にしてもらう)

*4分の1

(自分の歯で割って、、)

 

*更に、0.2mmぐらいの大きさまでに減らす

 

ここまで来たら、、はっきり言って服用していないのと同じ。

 

上手く、眠るための準備を心がけながら

ハーブティーを飲むなどして、暗示をかける

(もう、、、お薬なくても眠れるよ。。と)

 

 

結果、無事に脱!薬物依存   成功~

 

たまには、なかなか寝付きにくい日もある

でも、全く寝ていない~とは、思わない。

 

数分でも眠っているのだろう

 

じゃあ、大丈夫だ!と今なら思えるのです。

 

 

もし、私のように困っている方がいたら、、

試してみてください。

 

もちろんすべて、自己責任です。

 

自分で責任がとれないことはしない。。

人のせいにしない。。

 

そんな風に前向きになれた時、

気持ちのいい目覚めがきっと来ると

私は思います。

 

人間は、必ず、眠るのです

時間が短くても、

浅い眠りでも

眠れるのです