Hey Visitor!

小さなリビングサロンの様子

ここまで来た道のり

まだ学生の頃、生け花を習いました。

将来は花の先生になるはず。。があまり興味もでず上達もせず。

ところが30歳の頃、

ふと立ち寄った花屋の「店員募集」の張り紙を見て

私の花にまつわる、ライフがスタートしていきました。

 

最初はとにかく雑用ばかり

でも、花の色、香り、名前に心トキメキ★

どんどん花の世界に入っていくことに。

やがて、ヘッドハンティングで

花屋の立ち上げから運営まで任せてもらえるチャンスがきました。

花屋の名前は「花vessel」そう花器という意味。

私が名づけ

今でこそ花と雑貨は当たり前ですが

その当時、日常にある雑貨を花器にしたいという意気込みでした。

 

アレンジの教室をしたのもその頃。

最初はたった1名の生徒さんにさくらを2名ほど招いて。

 

たった1年で100名を迎えるようになりました。

 

ただ、その頃の私には、幼い子が3名。

子育て真っ最中でもあったのです。

3番目の子は保育園の年少クラス。

 

仕事中心にすると

子供たちのことをあとまわし。。になってることに気づき

生徒さん70名を譲りうけて

自宅で教室を開講することにしました。

そうです。

今から20年近く前の「自宅教室」

教室の名前は「花ぶらんこ」

今もこの名前はHPのアドレスで生きています。

 

教室を開いて

朝早くからの仕入れに追われ

経営はどうなっているのか?把握できていない状態でした。

某オリエンタルホテルで制作展を開いて

教室をクローズすることに決めました。

いつか再開することを信じて。

 

経営の勉強をかねて

全然初めての仕事を探しました。

 

そして、出会ったのは、創業75年をこえる

医薬業界。

私は、中心に薬を販売する仕事。

ただ、販売するのではなく

学校関係の入札や

仕入れ先との仕入れ交渉。

そして社長の秘書まで。

どんどん仕事は増えていきます。

 

そんな中、

漢方を勉強して販売する機会がきました。

毎日、毎日、薬剤師からの勉強の繰り返し

薬品会社の勉強会に参加。

そこで得たものは、

自然美容のカウセリングと

漢方でのダイエットサポートができるようにまでなりました。

5年の時が流れ

私は主任になっていました。

 

。。。ここでの習得はこれまで。

私は次のステップに上がります。

 

もちろん、主婦業、母親業務も。。

 

第2アクセス

将来、ショップを開きたいという目標を胸に

いつ?どこで?どんな形で?と

自問自答しながら

次に私が選択したのは、以前から興味があった住宅関係。

地元の自然素材で建てる住宅。そう注文住宅の営業職。

 

家やインテリアを見るのは興味があったけれど

それを売る・・造る・・ことを職にすること

 

住宅の構造

木の種類や耐久性、調湿性を勉強しながら

住宅ローンの種類

諸費用の捻出の仕方

頭金や土地の選び方

 

お客様から

建てたい家への夢を聞いて

それを現実に近づけるアドバイス

収納や照明やキッチンの選び方

 

土地の絞り方、選び方

 

男性の社員に負けたくない~

 

毎日、社員は11時ぐらいまで残って何かをしてる。

私は、遅くても7時には帰らないと

主婦、母親、妻の役割がまってる

 

明日、何千万の契約や商談があって

頭の中がいっぱいでも

仕事を切り上げて

家路に向かう

 

5年間

たくさんの施主様に出会った。

色んな提案を積み上げてきた。

 

勤務している3年目に今のショップを建てた

最初は、店舗を持ちたかったけれど

一人で運営するには限度があるし

家の事もおろそかにできない

 

悩んだ結果

主人の後おしで

駐車場の半分ペースをもらいログハウスを耐てた

バラの名前「シャンテ ロゼ ミサト」からヒントをもらい

「シャンテ ロゼ chant rose」と命名。

 

会社員であるうちに

アロマやハーブの資格をとった。

 

いかに植物のパワーはすごいことを知った私は、

植えて育て

収穫して使う

素材はなるべくシンプルなものを使いたくなった。

植物を植える土もオリジナルブレンドして

微力ながら環境の問題も考え

その思いをカタチにしたく伝えたく

自宅リビングで教室を開くことに。

 

今から8年前、自分探しをしていた頃

初めて連れて行ってもらった軽井沢で衝撃を覚える。。

こんなに自然と共存し

現代的な生活がある場所

深い森の中で深呼吸するだけで

何故だか元気になれる自分がいた。

時間に追われることなく森を散歩する

その中で美味しいそうなハーブの香りがする♪

イタリアンやピザ。。

結構、こってりのお料理が多いのに胃もたれしない

これは、ハーブのチカラ?と私のハーブ生活の始まりがスタート。

 

近い将来

こんな森の中で静かに暮らしたいと思い始め

それ以来、1年に一度~2度、軽井沢や蓼科にいくことになる

 

時には、本気で宅地も考え

いつかいつの日か。。。と。

 

数年経つとやっぱり現実的には無理?かなと思いだした。

主人は長男だし

子供はここにいるだろうし

主人の仕事もあるし

現実的に思えた。

でも主人と二人で夢見た数年

静かにくらしたい。。という思い

楽しかった~

 

で、我が家の庭を森にしたい

そう思いだして、とにかく木を植えた。

けっして、広い敷地ではないけれど

木を植えた。。

鉢でも育てた。

軽井沢代表の白樺も数本植えた。

 

私と主人の森を作り始め

狭い駐車場に軽井沢をイメージしてログハウスをたてた。

 

小さな小さな空間。

だけど

私の夢がいっぱいつまったおもちゃ箱になった。

 

2年前にシャンテ・ロゼにチカラをそそぐことにした。

人生50歳からの言葉通りに

準備運動をこなしながら。。

 

最初は、季節の花苗や雑貨を取り扱うショップにした。

イベントにもたくさん出た。

とにかく名前を知ってもらわないと。。

でも、ちかくに雑貨の大型店ができ

商品豊富なお店にはかなわない

 

思い切って

オーガニックハーブ苗を中心にして

教室運営を行い名前を広げていくことに。

 

ここ2年ほど

娘たちの結婚が続いた^^

嬉しさと寂しさがミックス。

それにプラス仕事運営の難しさ

それになかなか男になりきれない息子

そんな多忙な心な中の毎日

とにかく私はいつも笑い、元気な妻であり母であることに努めた

 

でも心がもうこれ以上~がんばれない。。という信号を出した

最初はよくある更年期?の症状か

まわりの人はそう言う

でも私は直感的に違うと思った。

 

朝方の5時に必ず

ひどい頭痛が私を襲った

来る日も来る日も。

3時に、目が覚めて頭痛を確認すると

痛くない。。安心して眠ると

やはり5時ごろに痛くなる

そんな状態が続いた。

 

最初は肩こり?

パソコンの使い過ぎ?

冷え?

更年期?

脳梗塞?

 

色んな不調がおこり初めた。

 

寝れない。

夜中に何度も起きる。

 

大きな病院へいって検査が続く

でも原因はわからない。

痛みとめと緊張を和らげる薬が処方される

飲むと気分が悪くて

横にならないといけない状態が続く。

 

もちろん、仕事は休まずこなす。。

 

思い切って婦人科に行った。

そこで色んな薬を試され

やっと病名が出た

「自律神経」

この自律神経を整える薬を飲むと

頭痛がうそのように治まった。

 

でもこれが薬物中毒寸前のスタートだったのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自律神経。。と診断され

薬が処方され

食事管理が行われ

良くなるはずが薬の錠数が増えたり

病院へ行くのが怖くなったりしました。

女医さんのですが、ズケズケと物をいう先生で

その時の私には合わなかったのです。

 

自律神経の他に子宮筋腫も見つかり

10年前に見つかった大腸ポリーブや原因不明の血尿。

 

私は、昨年の1月をスタートに病院を変え

以前、行ったことのある内科を受診。

そこで、自律神経のバランスが悪いこと

色んな病気の疑いがあることなどを説明し

そこの病院で通院を初めました。

 

悪いかも?と思うところはすべて検査し直し

納得いくまで自分の身体を見つめ直しました。

一つ一つ、消去法を繰り返しながら

受け止めていきました。

 

すると、

絶対、ポリープが出来てる。。と言われていたのが

全く問題なしの超キレイな腸になっているとか。

心配の筋腫も

小さくて心配いりませんと返答。

有名な先生を受診したのにあっさりと診断されて

思わず笑いが出ました。

もしも・・と思うことがどんどん病気を悪化させてしまう要因でもあることです

 

どうして、

癒しの植物やアロマ、ハーブを仕事にしているのに

ストレスをかかえてしまうんだろう?

 

そんなシンプルな質問にも先生は、答えてくれます。

そして「がんばっている人がなるのですよ」と

笑顔で答えてくれて

なんだか胸がすーとした感じを覚えています。

 

実は、心のうちは以外にも誰にもうちあけることなく

一人で目の前の壁を登り

前だけを見て

走ってきた自分。

完璧主義の自分がいること

 

先生に薬の処方でお願いをひとつしました。

漢方も取り入れてほしいと。

 

何故なら

薬をやめらようと思ってもやめられない人のもがき、苦しみを

私は以前、働いていた薬局時に見ています。

 

病は気からといいます。

薬もある意味そんな感じで

この薬を飲むから眠れてる。。と思ってしまう自分がいて

ないと、たちまち眠れないのです。

 

明日から、あさってから

薬をやめよう。。。と思っても

減らしてみてもダメ。

 

夜中に起きて

また残りの一錠飲んでみる

飲むと不思議に寝れる。

 

先生に話をすると

無理をせずゆっくりと。という

でも長期服用するのは身体にいいはずわけない。

 

。。。時間と日にちだけが過ぎて

また、先生にお願いした

漢方を変えてくださいますか?

 

以前勉強したこと

漢方は体質などによって生薬の配合が違い

薬の名前も違う。

 

そして、違う漢方を処方して頂いた。

 

早くても2週間。

 

この薬が合うかどうか?

 

私の体質にあった♪

 

身体が温かくなり

ちょっと自分で飲む時間を調整し

薬を減らし

熟睡できることが可能となった^^

 

嬉しかったな。

病気を治すための薬を長期飲むことで

新たなトラブルが生じる。。

 

少しの知識がどんどん自分を不安にする。

 

けれど、そこから脱出するのもやはり自分と信頼おける先生と家族。

 

そして、内科の先生も

薬以外に試してみることも大事だと。

 

アロマ、ハーブ、植物、ヨガ。。

 

ストレスが多い今の時代

皆、病気になる可能性は多いという

 

心や体の予防ケアが必要なんだということ。

 

改めて

アロマやハーブが大事だということ。

 

私は、自分の体験を生かし

一人でも多くの人に予防ケアを語りたいと思う。

 

もうあの恐ろしい痛みや眠れない日々は耐えられないから。

 

昨年一年は教室を重点に展開してきた。

 

二人の娘もめでたく。。お嫁にいき

今は前よりも近い存在でいてくれる。

 

大人になりきれない息子も少しづつ変わってきてる感じ。

 

きっと孫の存在も大きいのだろう。

 

清らかな生命の誕生を間近でみて

その命をギューと抱きしめて

命の誕生を感じれる

 

可愛いい。。と思う気持ちが

抱っこしてあげたい

いえいえ、させてもらいたい

だから足腰鍛えて

元気でいなくては。。

 

忙しく

パワフルに過ごしていた30歳~40歳

必ずツケはまわってくるみたい

更年期ではなく心や身体のストレス。。

 

私は今年、50歳です。

人生50歳から~という説を聞いたことがありますが

ホント、これから60歳代、70歳代、80歳代を元気で美しくハッピーに過ごしていきたいと

思います。

 

ながなが・・・と書いてしまいましたが

もし?最後まで読んでくださった方がおられましたら嬉しいです。

同じような病気で苦しんでいる人も多いと思います。

 

長いトンネルで抜け出せない。。と感じたら

自分の本能を信じて

病院を変えてみるなり

先生をかえてみるなり

 

違う角度からトライしてみるのもおすすめです。

 

私が目指すショップや教室

微力ですが

環境や自然、素材をキーワードにして

心と体をバランスよくし

必ずいつしか老いてしまう身体に予防ケアできる

そんな小さなショップを運営できるように努めていきたいと思います。

 

本当に最後まで読んでくださった方々

ありがとうございます。

 

そして、どうぞ、シャンテ・ロゼをよろしくお願いします。

 

       シャンテ・ロゼ miho